料理好きMの食卓


by rinmatsu
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:旅行( 35 )

フランス旅行も翌日の夕方の便で日本へ帰るという日、やっとオペラ、マドレーヌ地区へ。

[PR]
by rinmatsu | 2009-10-31 15:15 | 旅行
パリ旅行ネタも、さすがに残すところあと少し。
今回は、シャンゼリゼにある三つ星レストラン、LEDOYENです。

ランスでレストランに行き損ねたということもあり、ここは、是非、フランス本場の三つ星レストランを体験したいっ!ということで、パリに行ってからダメもとで。。。と思ったら、お昼だったせいか予約OKでした。

車で伺ったのですが、タクシーの運転手さんが、LE DOYENという別のお店と思ったらしく。。。
(ーー;(そんな店あるのか?)何故か、シャンゼリゼを通り過ぎるタクシー。。。がーん。
混んでる道、一方通行の道を乗り越えて、かなり遅刻して到着。。。
2階のダイニングに通されると、既にデセールに入っているお客様も。。
せっかくの食事なのに、なんだか、さい先悪ぅ~。

とはいえ、優雅なダイニングでまずは、アミューズ。
シャンパンをいただきながら。。。本日のメニューをじっくり決めました。
e0149993_1233689.jpg

写真奥の緑のボール状のアミューズ。
表面はしっかりしていますが、中は、液体。
サービスの方が、くれぐれも一口で食べるように!と。
割って食べると、悲劇が訪れます。。ですと。
確かに。中は、とーっても美味しいセップのスープ?でした。
(記憶が既に、曖昧に。。違っていたらごめんなさい。。)

ダンナさんは、コース。
私は、さすがにコースを食べるのは無理だろう。。とアラカルトで。
これは、正解でした。
コースだと食べきれなかったと思う。だって、一皿のポーションがすごく多いのですよ。。

前菜。
うなぎの薫製。薫製の香りがたまりません。
e0149993_1433963.jpg

どうしても食べたかったセップ。特大です。
e0149993_1435027.jpg


コースのもう一つの前菜を挟んで、コースのお魚。
e0149993_145018.jpg

これは、たしかルージェだったと思う。ちょっとだけ味見しましたが、火入れも絶妙、とても美味しかった♪

私はメインに仔鴨を注文。
足付きの1羽のローストが運ばれてきて、テーブルの前に切り分けてお皿に盛ってくれます。
e0149993_1461181.jpg


こちらがお皿盛り。
e0149993_148887.jpg

衝撃の美味しさ。
ソースは、フランボアーズの味がかなりしたように思いましたが、聞くと「血」って言っていたような。。。
なんか遠い昔のようで、既に思い出せない。。。ヤバイ。。。
そのソースが見た目よりも軽い味わいに感じました。お肉も野性味があってそれでいて味が繊細。。。絶品でした♪
さすが、本場フランスでいただく鴨は、想像以上にすばらしかった!!
これだけ食べにまた行きたいかも。

コースのお肉はこちら。
e0149993_14122210.jpg

こちらも絶品だったとのこと。

このあと、誘惑に負けてチーズも食べてしまい。。。やっとミニャルディーズ。
e0149993_14135251.jpg

ミニャルディーズの下にひかれているカラフルなお皿は、メレンゲで作っているんだそうです!!
サービスの方が、食べれますけど、美味しくないなら食べない方がいいですよ。。。って。
面白い人だな~。さすがに食べないですよ~^^;

このあと、しっかり量のデザート。
e0149993_14144948.jpg

お口さっぱりのパンプルムスのシャーベット。サービスの方オススメのスペシャリテです♪

食事が終了したのが、ほぼ4時。。。
もう夕方じゃん^^;
わたし達が遅かったからではありますが、最後は、私たちだけで貸し切り状態でした。
遅くなってしまって申し訳ないです。。。と言うと、気にしないで楽しんでください♪とお優しいお言葉。
素晴らしいレストランを満喫できてとっても幸せでした。


ちなみに、全部で10組少々?位のお客様のうち、ナント3組が日本人。。。
高級店に行くと必ず遭遇する日本人。さすがです。東京にあれだけフレンチレストランあるもんなあ。

ランキングに参加しています。
励みになりますので、ここを押していただけると嬉しいです♪
    ↓
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
ありがとうございます☆
[PR]
by rinmatsu | 2009-10-31 14:32 | 旅行
大好きなテタンジェを見学した後は、カテドラル横になるツーリストインフォメーションで、午後に見学するメゾンの予約を入れてもらう。
カフェなどがある場所も教えてもらい、いざお昼ご飯へ。
本当は、ミシュラン三つ星のレ・クレイエールに予約を入れていたのですが、私がTGVの日付を間違って予約してしまい。。。泣く泣くレストランをキャンセルしたのでした。残念。。。。

カテドラルから少し離れた大きめのホコ天の両側にずらーっとならぶカフェ。
どのお店もテラス席を設けていて、結構寒いのに、お外で食べてるひとの多いこと!

私たちは、軟弱にも店内に引きこもり、今日のランチを。
私は、ホタテとコメのプレート、
e0149993_23213485.jpg

ダンナさんは、鶏肉。
e0149993_23214960.jpg

ここで驚いたのは、この鶏肉(陰で見えにくいですが^^;)。
もも肉の中は、一部骨が抜いてあり、ファルスが普通に詰めてありました!
コルドンであれほど大変で、でも何回も作らされた?ファルス詰め。
フランスでは、ランチに出てくるほどポピュラーなんだなー。
日本では、さしずめレンコン挟み揚げ、とかそんな感じ??
驚きました。

シャンパンの街だけあって、カフェメニューにもいろんな銘柄のグラスジャンパンが。
暖かい季節なら、テラスでシャンパン、最高に気持ち良さそうです♪

デザートもカワイイ♪
e0149993_23264087.jpg


お昼をたっぷり食べ、予約の時間にも余裕があったので、テタンジェ近くのポメリーまでは、徒歩で行ってみることに。
徒歩30分ってところでしょうか。
e0149993_23274738.jpg

テタンジェの地味な佇まいに比べて、シャトー!なポメリー。

ポメリーのセラー見学は、テタンジェよりも見学エリアが広いです。
ところどころには、いろいろな展示物があったりして、ちょっと遊び心が感じられます。
セラーの蔵?ごとに都市の名前が付いていて、以前は、出荷先に合わせて名前を表示していたようですが、現在は、単に区別するための名前となっているようでした。
中には、こんな風に柵で覆われているところも。
e0149993_23283776.jpg


ポメリーの見学では、工場は含まれませんが、地下10キロメートル以上ある巨大なセラーの見学は一見の価値ありです(もちろん、10キロも見学するわけではなく、実際に歩くのは、600メートル位って確か言ってたっけ)。
ポメリーでは、見学コース料金が、最後に試飲するシャンパンのグレードと量によって違います。
さすがに2杯は飲みませんでしたが、せっかくなので、ミレジムを。
めっちゃ、美味しかったです(^0^)

このあたりでカメラの容量がかなり厳しくなり、あまり細かい写真を撮れなかったのが、残念でした(T-T)
しっかり、シャンパン用のお菓子(シャンパンに浸して食べるらしい。。。)もツーリズムインフォメーションで買って、またパリへ。
帰りのTGVは席が空いてなかったため1等席。
いかもになビジネスマンが、4人向き合わせに座れるテーブルがある席で、移動中も打ち合わせしているのが印象的でした。(意外と?マジメに仕事してるじゃん^^;)

フランスの田舎、もっといろいろ行ってみたいな~と思ったランスでした。


ランキングに参加しています。
励みになりますので、ここを押していただけると嬉しいです♪
    ↓
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
ありがとうございます☆
[PR]
by rinmatsu | 2009-10-27 23:48 | 旅行
終わったかに思えたフランス旅行日記、まだ続きま~す(^^;

今回の滞在では、ランス(Reims)にも行ってきました。
ランスは、パリ東駅からTGVで約45分。
あっと言う間に到着です。
何故ランスに行ったのか?
それは、もちろんシャンパンメゾンを訪ねるためであります!!

以前、ワインスクール仲間とアビニョンからローヌ川沿いに北上してシャトー・ヌフ・デゥ・パブ→リヨン→ボーヌ→パリとワイン産地を巡る旅をした身としては、どうしてもランスのシャンパンメゾンも行って見たかったってわけです。

東駅を朝9時ちょっと前のTGVに乗って9時40分ころランス着。
すぐにタクシーで向かった先は。。。大好きなテタンジェ♪
ちょうど、10時から英語版のセラー見学が。
英語圏の修学旅行(?そんなんあるのか?)の20人ほどのにぎやかな学生と共に、セラー見学の前にテタンジェの歴史を解説するビデオを見て、いよいよセラーの中へ。
地下10メートル以下にあるセラーへは、螺旋階段を下って行きます。
気温は年間を通して、約10℃。
e0149993_0372580.jpg

こんな廊下を歩くと両側に、ずーっと広がるシャンパンたち。
e0149993_0382058.jpg

おお~あのテタンジェがこんなに沢山!!
しっかり、ダンナと二人で山のようなテタンジェと記念撮影してご満悦な私(^^)v

こんなに天井が高いところもあったりして。
e0149993_0592714.jpg


説明してくれたのは、主にシャンパンの製造方法。
セラーの中には、シャンパンの瓶の展示も。
e0149993_041183.jpg

一通り、セラーを見学した後は、まさにシャンパン製造の最後の行程。
瓶口に集めた澱を冷凍して抜栓し、門出のリキュールを詰める機械作業の工程。
e0149993_0412878.jpg

おお~かぐわしいテタンジェの香りがっ!!

この機械作業室を更に階段を上ると地上に出て、見学最後の試飲となります。
そこには、小さなショップも付いており、日本よりかーなり安い♪
日本に配送してくれるならまとめて買おうかな~と思うも、配送はしていないとのことで、やむなく大好きなノクターン1本のみ購入してぐっと我慢。
ほろ酔い気分でタクシーを呼んでもらう。
かわゆい受付嬢に、どこまで行きますか?と言われて、ノートルダムと言うもまったく通じず、やむなく持ってきたグーグルのランスの地図を指さすと、グーグルマップって、ランスの通りのほとんどがカナカナ表示なんですよね。。。(ーー
で、それを見てかわゆい受付嬢、大爆笑(^^;
いや、気持ちは分かります。。。ハイ。
地元では、カテドラルって言うんだそうです。そういや、正式名称は、カテドラル ノートルダム(Cathedrale Notre-Dame)だったっけ。

しかしグーグルのマップ、日本からググると、フランス地図の通りの名前のかなりの部分が多分カタカナ表示のハズ(少なくともランスは)。これって、グーグルの人がいちいち入力したんだろうか?
それとも、自動置き換えのシステム組んだのかな~?
原語のままでいいようにも思うけれども、とにかく気の遠くなるような作業量ですなー。

。。。。ランス旅行記、まだ続きます。


ランキングに参加しています。
励みになりますので、ここを押していただけると嬉しいです♪
    ↓
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
ありがとうございます☆
[PR]
by rinmatsu | 2009-10-27 01:01 | 旅行
晩ご飯で行ったRitz HotelのL'SPADON(エスパドン)。

Ritzにとって日本人は親しみがあるのか、ホテルマンもレストランのサービスの人もみんなとても親切。
気持ちよく過ごせました♪
お料理は、ミシュラン1つ星ということで、なかなかおいしかったです。

店内は超ゴージャス♪
ゆったりと楽しんで食事することができます。
こちらのお店には、佐藤さんという日本人のソムリエの方がいて、最初は佐藤さんが食前酒のオーダーを取りに来てくださいます。
いきなり、日本語で~。あれ?ここは日本だったっけ??と思ってしまいました。
他のサービスの方もみなさん、片言の日本語で説明してくれたりととても居心地の良いレストランでした。

パリの高級レストランでゆったりと食事を楽しまれたい方には、是非オススメです。

お料理はこんな感じ。
ファオグラテリーヌ。
e0149993_0151827.jpg


超美味しかったアンコウとセップのソース
e0149993_0152993.jpg


鴨は、テーブルでソースになる濃厚なコンソメをかけてくれます。
e0149993_0154294.jpg


他にオードブル、デザートなど盛りだくさん♪

とっても楽しい夜でした~^0^


ランキングに参加しています。
励みになりますので、ここを押していただけると嬉しいです♪
    ↓
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
ありがとうございます☆
[PR]
by rinmatsu | 2009-10-24 00:19 | 旅行
ある日の晩ご飯。
これまたホテルのすぐ近くにあるFogonへ。

こちらのお店は、ミシュラン1つ星とのことで、もう全然予約とれませんでした。
でも、スペインタパスと聞いてなんとか食べたーい!!

フランスの食事の開始時間は8時からがピークなので、6時過ぎにホテルに帰りがてら直接お店に行って、空いてる時間がないかを確認したところ、日本人が食事の時間が早いのを知ってか、7時~ならいいよ、とのことでラッキー!!

夜のコースメニューは、タパスコース確か48ユーロ位??とパエリア?コース44ユーロ位だったと思う。
とりあえず、タパスコースを注文。
取り分けでいろいろ出て美味しかった♪
ただ、思っていたより結構こってりしてましたね。
パエリアコース??(見た目、パエリア鍋にリゾットが入っているように見えた)の方がさっぱりしてるかも。
あっちも食べてみたかったな~。
お料理はこんな感じでした。
e0149993_02155100.jpg


e0149993_0274110.jpg


e0149993_0221139.jpg

デザートもカワイイ♪
e0149993_0222412.jpg

他にもいろいろ。
思っていたよりお腹パンパン!

カジュアルに美味しいお料理をいただきたい方は是非♪
行かれる時は、早めに予約されることをオススメいたします。

ランキングに参加しています。
励みになりますので、ここを押していただけると嬉しいです♪
    ↓
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
ありがとうございます☆
[PR]
by rinmatsu | 2009-10-21 00:27 | 旅行
今回は、朝ご飯で行ったPAULと夜ご飯で行ったL'Ecluse(レクリューズ)について。

PAULは、四谷のアトレにも入っているフランスでもあちこちにあるパンのチェーン店。
サンジェルマン・デ・プレにもあったので行ってみました。

PAULのプチ・デ・ジュネは安い!!
小さい飲み物と、ビエノワズリー1個かバゲット半分にバター、ジャム付きだと2.5ユーロ位だったと思う。
私が頼んだのは、大きい飲み物とバゲット半分、バタージャム付きで5ユーロ弱。
クロワッサンも食べたかったので、別に注文。
これでも、ラ・デュレのプチ・デ・ジュネに比べたら、ものすごい安さ。。。ってラデュレと比べちゃいかんわな。。。^^;
e0149993_23504481.jpg

むう~。最近そうなのかなあ?
カフェ・オ・レって言っても、カプチーノ状態の泡々で出てきちゃう。
ちょっと残念。
そして、ここでも、ホール担当は1人のみ。

混んできたころには、注文もなかなかとって貰えずちょっとお客さんが可哀想だったにゃ。

前日の夜は、美味しそうなお店に片っ端から電話するも、いずれも満席(T-T)
空いていたところは、10時半からならいいですよって。。。そりゃなんでも遅すぎだよ。。
ということで、やむなく、ホテルから歩いてすぐのL'Ecluseサンジェルマン・デ・プレ店へ。

以前、マドレーヌ寺院に近くに1店のみあったお店は、10年の内に支店がいくつか出来ていた。
でも、入った瞬間ビミョウ~な感じが。

10年前にマドレーヌで食べた時は、ラパンの煮込みの定食だったのですが、もう驚くほど美味しくて、昼間からついつい赤ワインをぐびっと飲んでしまったのですが。

お料理はこんな感じ。
ラムチョップと
e0149993_23594919.jpg

牛ステーキ、ポムフリット添え。。。ってガルニチュール、ポムフリットじゃないし^^;
e0149993_23595916.jpg

マズイってわけけじゃないですが、とっても美味しいってわけでもないです。。。むう~残念!!

ランキングに参加しています。
励みになりますので、ここを押していただけると嬉しいです♪
    ↓
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
ありがとうございます☆
[PR]
by rinmatsu | 2009-10-21 00:04 | 旅行
フランスのホテルは普通は、コンチネンタルの朝ご飯は付いてるところが多いと思う。
私が泊まったホテルも1階ロビーラウンジに朝ご飯がセットされ、どうぞご自由に~というスタイル。
ちゃんとヨーグルトや卵、飲み物はショコラもあって充実。
パンは食パン系とビエノワズリー。

でも、フランスに来たからには、焼きたてのバゲットが食べたいっ!!

というわけで、いそいそとホテル近くのカルトンへ。。。
いっつも、地元の人が並んで買っているので、気になっていたのだ。
ところが、その日は定休日。がーん(T-T)

仕方なく、さらに歩いてジェラール・ミュロへ。
お店の店員さんはあんまり愛想もなくて、容赦なく弾丸フランス語だったけど、まーバゲットの1本や2本買えないわけではなく、美味しそうなバゲットをゲット♪

早速、ホテルの部屋でいただいた。うんまい♪
e0149993_1561160.jpg

あ、ビエノワズリーも買ってきました~^^;

翌日は、カルトンへ。
ここのバゲットは、ジェラール・ミュロより細くて、シンプルな味わい。
値段も確か0.9ユーロくらいとジェラールよりかなり安い。
美味しさは、ジェラールかな~。
でも、カルトンの安さ、シンプルな美味しさも捨てがたい。。。

これにフランス産バターとジャムにカフェオレ。
日本で言えば、梅干しのおにぎりに熱いほうじ茶!?
シンプルだけれども、美味しいですよね~♪

カルトンでは、バゲットを買うと小さい紙切れで真ん中をクルっと巻いただけで渡してくれます。
これを持って歩けば、私もパリジェンヌに見えなくもない。。。わけないか(ーー

ホテルの朝食にはバゲットがなかったので、ラウンジで朝ご飯食べてる人たちはかなり私のバゲットに羨望の目を向けておりました。
あるおじさん(多分、アメリカ人)は、「わしも買うから場所教えてくれ~!」って言われましたし^^;

それから、ホテルに普通に置いてあった卵。
ゆで卵器があって好きなゆで加減にするのですが、この卵がすごく美味しくて。
毎日食べちゃいました。
e0149993_29999.jpg



ランキングに参加しています。
励みになりますので、ここを押していただけると嬉しいです♪
    ↓
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
ありがとうございます☆
[PR]
by rinmatsu | 2009-10-20 02:09 | 旅行
今回の旅行では、初フランスのダンナさまのため?という名目のもと、以前行って修繕中で見れなかった鏡の間を見るべくベルサイユ宮殿にも行きました。

こちらが絢爛豪華な鏡の間。
e0149993_0281745.jpg

人がうじゃうじゃ。。。

その窓から見えるお庭。
e0149993_0343887.jpg

こうしてマリーアントワネットが我が身の鳥かごの中ぶりを嘆いた。。。かどうかは知りません^^;

そしてこちらがベルサイユ宮殿のお庭。どーん!!
e0149993_0341356.jpg

すごい。。見渡す限り庭じゃん。
あたりは、荘厳なクラシック音楽が大音響で鳴り響き、トレビア~ン♪
なんだか、ちょっと感動^^

そして、どこかで見覚えのある噴水。
e0149993_0364314.jpg

このあたりをオスカルが歩いていた。。の図を見たような見てないような。。。

写真で見た時には、ベルサイユ宮殿の庭の形は、もっと低い生け垣みたいなもので作られていると思っていたら、実際には、こんなにおっきい木で出来ていました。
e0149993_039012.jpg


この先からは、トリアノン宮殿、プチトリアノン宮殿、マリーアントワネットの村、と続くわけですが、なんせ敷地が広い!!
徒歩でキツイので、チャリを借りてびゅーんと一気に回りました。
その気持ちのいいことと言ったら♪♪♪
そして着きました。
マリーアントワネットがこよなく愛したプチトリアノン。
e0149993_0432912.jpg


こちらが、フェルゼンと逢瀬を重ねた?東屋。
e0149993_0431258.jpg


この小道で二人は、愛を語ったのか??
e0149993_0441984.jpg


王妃の村で山羊と戯れた?後、ベルサイユ宮殿へ戻る道。。。
羊の群れの向こうに見える宮殿。
どんだけ広いんだ、ベルサイユ!!
e0149993_0462913.jpg


そして、時間ごとにお庭のあちらこちらで音楽と共に一気に拭き上げられる噴水。
迫力~!!
e0149993_0551490.jpg


バラの季節にまた是非訪れたいベルサイユなのでありました。


ランキングに参加しています。
励みになりますので、ここを押していただけると嬉しいです♪
    ↓
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
ありがとうございます☆
[PR]
by rinmatsu | 2009-10-20 00:56 | 旅行
念願のラスパイユ市場でいろいろ買って満足なり~♪
で、ホテルのお部屋でいろいろ試食。
牛乳を一口飲んでびっくり!
牧草の風味がする。。。
私が変なのか?と思ったけれども、ダンナも牧草の味がするって言っていたので、間違いないと思います。
すごい。
で、まずいかというと、そういうことではなくてとっても美味しい。

翌日から朝ご飯のカフェオレにこの牛乳を温めて使ったのですが、ホテルで用意している牛乳に比べて格段に美味しい!!
翌日には、牛乳瓶の上の方には、乳脂肪分が固まって浮いておりました。
フランス語が分からないのが、なんともイタイのですが、多分絞ってほぼそのままの牛乳だったのではないかしらん??なので、賞味期限は、多分3日位?(私は3日間で飲みきりました。)です。

あと、ラスパイユ市場には、ギターの流しのおじさんがいてこの人がすごく面白かった。
日本人を見つけると歌の歌詞を日本語の替え歌にするんですが、「ちょっとまって~、何言ってんだか全然わかんないよ~、私はおかまじゃないよ~」とか歌いながら寄ってくるわけです。
もう爆笑するしかありません!
周りのフランス人からは変な目で見られますが、そんなことは気にせず楽しんじゃいました♪

市場からの帰り道、サンジェルマン・デ・プレのお総菜屋さんの前で見かけた鶏肉丸焼き機。
すんごい美味しそうでした(よ、よだれが。。。)
e0149993_1842164.jpg

私が写真を撮っていると、おばあちゃんがたぶん「Bon! Poulet!!」とかなんとか言いながら通りすぎていきました。
あープーレロティが食べたくなってきた。。。^^;


ランキングに参加しています。
励みになりますので、ここを押していただけると嬉しいです♪
    ↓
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
ありがとうございます☆
[PR]
by rinmatsu | 2009-10-17 18:50 | 旅行